マンションによる資産運用 | 不動産集客はプロに依頼|空き家ゼロを目指して

不動産集客はプロに依頼|空き家ゼロを目指して

住宅

マンションによる資産運用

マンションを経営する利点

住宅模型

少子高齢化が進み、年金の受給年齢が繰り下げられたり、受給額が引き下げられたりしています。このため、老後の生活の資金を自分で蓄える必要が出てきました。銀行にお金を預けていても、この低金利時代では利子もつきませんので、資産運用によりお金を殖やすことが必要となります。資産運用の有効な手段の一つにマンション経営があります。マンションを丸ごと購入することは、一般のサラリーマンには到底不可能です。そこで、マンションの1室を購入して、大家さんとして賃貸を行います。マンション経営により家賃収入を得ることができますので、安定した収益源となります。マンション経営で一番注意を要するのが、空室のリスクです。空室があると、収入の減少や収入が得られなくなる可能性があります。例えば、東京であれば、2020年のオリンピックを控え、労働人口を必要としますので、ワンルームマンションへの需要が高いです。立地や賃料設定に留意してマンション経営を行う必要があります。

賃貸経営のメリット

マンション経営の大きなメリットは、毎月安定した家賃収入を、長期に渡って得ることができることです。個人年金の代替機能を果たしますので、老後の生活資金の確保に役立ちます。また、不動産は、自分の万一の場合が発生しても、資産として家族に残りますので、大きな財産となります。さらに、マンションを購入するときに契約する住宅ローンについては、団体信用生命保険に加入することになります。この場合において、自分に万一のことが起こったとしても、住宅ローンは保険から完済される仕組みですので、家族にローンが残ることもありません。残された家族は、マンション経営を継続することにより、家賃収入が得られます。その意味で、生命保険と同じ機能を果たすと言えます。また、現在、政策上、インフレにする傾向にありますが、物価が上昇すると、貨幣価値が下がってしまいます。しかし、マンションような不動産は、インフレに合わせて価値が上昇する資産ですので、経済変動に強く、インフレ対策としても有効です。また、更地の土地を相続した場合と比較すると、マンションなどの賃貸物件付きの土地を相続する方が、相続税も安くなります。