家賃は安ければ良いのか | 不動産集客はプロに依頼|空き家ゼロを目指して

不動産集客はプロに依頼|空き家ゼロを目指して

住宅

家賃は安ければ良いのか

家賃とその仕組み

模型

一年中、家を探しておられる方はいるわけで、何も進学、就職シーズンに限りません。不動産の賃貸契約は、借りたい側がその意志を示して、売る側にアプローチすることが基本となります。そして、家賃相場は実は年間を通じて変動があります。1月から3月は、不動産業界の繁忙期で、いい物件が出回りますが恐ろしい程、速いスピードで条件の良い物件から契約して行きます。4月から6月は、その前の繁忙期を過ぎても残っている物件ということになりますが、まだ良い物件が残っていて場合によっては家賃相場よりもお得に契約出来る場合もあり、交渉次第といった所です。7月から8月は、実は不動産業界の閑散期で、家賃交渉がしやすい時期になります。家賃相場よりも、かなり安い契約も可能になります。9月から10月は、異動時期とも重なり、単身赴任から家族向けの物件が動きます。物件も充実してきて、正に実りの秋といった感じです。11月から12月は、その後の繁忙期に向けて早期契約のチャンスです。繁忙期には高値になる場合もあるので、実際には居住開始が1〜2ヶ月先でも、空家賃を払ってでも契約しておいた方がいい物件も有ります。

効率的に物件を調べるには

効率的に家賃相場を調べるにはやはり、インターネットが便利です。その地域に明るくなくても、その場所に行かなくてもパソコンやスマホでいつでも調べることが出来るからです。大は小を兼ねるとよく言いますが、家賃相場を素早く、正確に知るには、また情報を手堅く入手するには、大手の賃貸情報サイトを利用することが最善策です。大手の賃貸情報サイトは、その情報量もリサーチ力も違います。情報の公開も、更新も早く、安定した情報が瞬時に安心して得ることが出来ます。ただし、注意しておきたいのは家賃相場はあくまでも相場で、平均値でしか有りません。物件によってその家賃は異なりますし、駅から近いか遠いかや入居する季節によっても変動があります。家賃相場はある程度の目安として考える指針として活用するべきです。